2015年8月5日水曜日

Windows10でのMacbookPro 15 retina と外部ディスプレイ

MacBookPro 15 retinaにWindows10 さっそく導入してみました。

Windows10 メディア作成ツール
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

数クリックで終わるのでさっさとアップグレードしました。
インストール後にキーボードまわりが効かなくなったので、BootCampのドライバを再インストール(Setup.exe起動して修復しただけ)しました。

ざっと使いましたが、過去のWindowsでアップデートして一番むかつかないOSでした。
Windows7も良いOSでしたが、Windows10の方が感動が少しありますね。
通知などはMacOSX Yosemiteほどではないものの、十分な機能、もうちょっと頑張れ。
仮想デスクトップへの対応もプログラマとしては助かりますし、ショートカットキーもいいですね。

MacbookPro 15 retinaには外部にU3415W(3440x1440)をHDMI接続しています。
この組み合わせで大きな問題のスケーリングが改善されていました。
Update後に「スケーリング!」と思って見たところ・・・
ちゃんとディスプレイごとに設定できます。
Retina側は150%、ドットバイドットのU3415Wは100%言うことなし!
Windows8.1は中途半端で、できるといえば、できる。やっぱり使い物にならない。
Windows8.1の人はさっさと捨ててWindows10にアップグレードした方がいいような。
Windows7の人は少し躊躇するかもですが。


MacbookPro 15 retina

DELL U3415W

Windows10ですが、MBP15rとのドライバ問題があるようですが、使えています。

TUSB3410 Boot Deviceがダメみたい。

CrystalDiskMarkの結果








2015年8月1日土曜日

ASUS タワー型PC P30AD Core i7-4790 レビュー & 改造

ビジネス用ってほどでもないけど、小さくてスペックがまあまあ良いクアッドコア。
価格は10万切る。ポイント還元で9万円切るか。小さい。i7-4790。Kじゃない。
ヨドバシカメラでブラブラ見ていて見つけた。

P30AD-I74790

開発で使いにくかったら事務方社員に使わせようと思い、とりあえず買ってみる。
ネットでこの機種を調べるもののほとんど情報がない。
目標は16GBメモリ、SSD換装。できれば4Kのモニター接続してみよう。




この分解状態の写真では、既にNVIDIA Quadro K620(ELSA EQK620-2GER)に交換しています。
ギュウギュウに詰まったってほどではないとしても、小さいマザー。
デフォルトではPCI-Eのポートには無線LANボードとBluetoothが刺さっていました。

●メモリ増設(簡単)、SSD換装(めんどくさい)
届いた当日に「保証なくなっちゃいますよシール」をパリっと剥がして分解。
メモリを8GB→16GBにした。
早速Windowsの復元機能でバックアップをUSBメモリに作成。
次にSSD(Crucialの250GB)に載せ替え。1TBHDDを外して、SSDにして・・・Windows8.1のバックアップから戻してー・・・見事に失敗。いくらやってもダメ。
というわけで、Windows8.0proのアップグレード版でインストールして、その後にWindows8.1のバックアップでリストア。やっとこさ成功。
1TB(HDD)→256GB(SSD)どうやらパーティションが入りきれないから最初に失敗する。なぜかパーティションが切られているとリストアできました。
ついでなので、その後に8.0proのライセンスキーでproにアップグレードした。
ここまでは電源に問題は全くなし。

●ロープロファイルのグラボ増設で4K表示(DisplayPort)
P30ADはそのままでもHDMI接続で4Kが表示されました。が、30pですのでカクカクします。
それじゃあ面白くないので、グラボ増設してみます。
K620以外選択肢がない・・・ロープロファイルで1枚分のスペース、DisplayPort付き。
結構財布に痛い25,000円の出費です。

P30ADは電源容量が200Wしかありませんので、i7-4790のTDPは84W。メモリも倍増させ、Quadro K620を増設したので若干不安になり、ワットチェッカーでも試してみました。
P30AD-I74790+16GBメモリ+256GB SSD+Quadro K620でWindows8.1Proのアイドリング状態。
PhotoshopCC2015で150MBくらいのPSDファイル開いたり、起動時は100Wを若干超えます。
ゲームはしないので問題ないような、ぎりぎりのような・・・



普段使い(XAMPP、NetBeans、Photoshop)でもとくに問題なく動いています。
PhotoshopCC2015はよくIntelHDのドライバを落としてくれますが。これはXPS13でも同じ。

Philipsの4KディスプレイBDM4065UC/11にDisplayPort接続しています。
快適な小型PCの出来上がり。画面でかいです。壁ですね。
ちなみにこのディスプレイですが普通に設置すると若干上を向いていますのでイライラします。
お金がある人はモニターアーム買った方が幸せな気がします。



買ったものリスト。
ASUS デスクトップ P30AD シルバー [Windows10無料アップデート対応](WIN8.1 64Bit / i7-4790 / 8G / 1TB / DVDスーパーマルチドライブ / 802.11 AC / BT4.0) P30AD-i74790

CFD-Elixir デスクトップ用DDR3 1600 Long DIMM 8GB 2枚組 CL11 W3U1600HQ-8GC11

Crucial MX100 2.5インチ内蔵 SSD 256GB CT256MX100SSD1

40型4K対応ワイド液晶ディスプレイ BDM4065UC/11

ELSA NVIDIA Quadro K620 2GB

あとはOffice2013 Home&Business(オンライン)、Windows8.1proアップグレード版。
ちなみにリンク先はAmazonです、アカウント作るの面倒なのでアフィリエイトしていません。

2015年4月9日木曜日

2015年、新型MacBookを考える

プログラマとしては気にもしていな機種だったのでスルーかと思ったものの、発売近くなると気になってきました。

なので、少しサイト見てみた。
CoreM1.1〜1.3GHz、8GBメモリ、256/512GBSSDにretina、新型のタッチパッドにキーボード。

んーーーーーーー…
スペックはPCに近いですがiPadとかiPhoneよりの製品なのは間違いないみたいですね。
3色展開なのはその証ではないかと思います。

ポートの数やベンチマークうんぬんの記事がたくさん出回り始めていますが、この機種はそういう事ではないようですね。

●ポートの数が1つしかない件
iPadやiPhoneでポートの数を気にするか?が答えでしょう。
外部ディスプレイやUSBなど不満を少し感じると思いますが、実際はクラウドで済むという人口は多いと思います。
数年前に比べるとUSBメモリ使わなくなりましたよね。LANケーブル繋がなくてもWiFiは十分速くなりました。DVDなんて久しくみかけませんし。



Appleの説明の通り、ワイヤレスな世界って事でしょう。

●CPUがCoreMな件
iPadに近いPCと考えれば、速度よりもバッテリーが持つかどうかです。
新しいMacBookがダメだと思う人はノートPC+ACアダプタセットで考えていると思いますが、ACアダプタを抜いて考えれば納得の行く話かと思います。
ACアダプタを持ち歩かずに使えるモバイルノートPCなので、CPUはそんなに悪く無いと思います。

●次世代モバイルノートPCの標準型
新しいMacBookは次世代モバイルノートPCなんでしょう・・・たぶん。
CPUはINTELは速く省電力を目指し続けるわけですし、ポートについても3年たったら当たり前の機種ではないかと思います。
この兼ね合いでAirは旧世代機という事になりますから、順当にアップグレードされなかったという感じなのかな?
次世代モバイルノートPCと書いたのは13インチもモバイルできますが次世代ノートPCでしょう、だから12インチはモバイルノートPC。

●スペックの割に高い
円安だし、Appleだし・・・
値段気になるならSurfacePro3でも買えば良いんじゃないでしょうか。OSXじゃないだけで、同じことできますし。

●もしあなたがプログラマやクリエーターだったら
プログラマについては8GBで出来ないことはないけど、メモリ16GBあったら我慢できるかも。って人は多いのではないかと思います。
映像系の人や仮想環境がいっぱい起動しないといけないなんて人は、最初から新しいMacBookなんて買わないでしょう。
素直にMacBookPro13か15が良いと思います。
Pro13はAir13より面積が小さくて美しいです。Pro15はパワフルで良いですし。
こういう人たちは新しいMacBookを2台目で買っても使わないでしょうね(笑)
帯に短し襷に長しで、「この程度ならiPhoneでいいじゃん?」ってなりそうです。


2014年11月19日水曜日

Lenovo ThinkPad T440p レビューとMacBookPro13、15の比較

かなりご無沙汰ですが、ThinkPad T440pを購入して半年ほどたったのでレビューです。

●購入したT440pのスペック


CPU:INTEL Core i7-4800MQ
SSD:512GB
メモリ:DDR3L-1600 16GB
モニター:FULL HD IPS(1920x1080)
オプション:内蔵カメラ、指紋センサー、スマートカードリーダー
のセット。
あとは
ThinkPad ウルトラドック - 90W*2
ThinkPad 9.5mm シリアルATA ハードドライブ・ベイアダプターⅣ
をだいたい24万くらいで購入。MX500の480GBに更に2万円ちょっと。

だいたい土日がクーポンで安く売っていますが、営業から電話でも安く買えますし、
ヨドバシカメラなど量販店でも交渉すると安くなります。
ヨドバシカメラなどでの購入は更にVISAなどのギフト券を金券ショップで買うなどで更に安く買うなどもできるようです。


購入後すぐにDVDドライブを外し、ベイアダプターにCrucial MX500の480GBをインストール。
ほぼ1TBSSD内臓のノートPCになりました。

●ベンチマーク

Windowsエクスペリエンスインデックス

NVIDIA コントロールパネルで3D自動選択


GeForce GT730ではこんなもんかなと。CPUは速いですね。
i7のデスクトップには追いつきませんが。


内蔵SSDベンチマークはこちら

ベイアダプターのMX500のベンチマークはこちら


どちらも普通の速度です。ベイアダプターも6Gbpsですね。
ギリギリの速さは求めていないので十分です。



●ここから使用感

ThinkPad T440pは厚みを感じます。というか、MacBookPro 13 retina displayに比べると2倍くらい。
更に2.14Kgと重い。
運ぶには若干体力がいりますが、車でドアツードアなのであまり気になりません。
しかし、大きな違いはウルトラドックです。MBP13rは、ディスプレイポートやUSBなどの接続などが面倒ですが、T440pはドッキングだけで終わり。すべてが即接続でデスクトップ化されます。
これはすごく便利ですし、外せばすぐに外出できる。
ドックには電源アダプタもついているので、私はドックを2台買いましたので、アダプタはドックにつけっぱなし+本体についていた分を車のトランクに入れています。
また、i7クアッドコアなのでCPUパワーに不足を感じませんし、ファンの音も気になりません。
ゲームはCiv5程度でしたら特に問題はありませんし、スペック的にはドラクエなども問題ないでしょう。

とにかくドックが最高なんです・・・ケーブル挿すという行為がいかにイヤだったのかわかります。

●ダメなところ

T440pもダメなところは、液晶の発色の悪さ。前に使っていたMBP15rに比べたくないレベル。
トラックパッドもダメですが、めったに使わない。
あとは2Kg超の重量は大きな問題です。

しかし、T440p+ドックという組み合わせなのでアダプタ持ち歩きがなくなったので結果的に軽量化しています。T440pは電源を入れなくてもUSBバッテリーとして使えるのでモバイルバッテリーも運ぶのやめました。この2つで-700gくらいの効果はありそうです。

ThinkPadのカラープロファイルはこちらにありました。
http://www.thinkscopes.com/blog/2014/08/24/color-profiles-for-current-thinkpads/

FULL HD IPSはこちらのファイルみたいです。入れた方が良いですね。
T440s / T440p 1920×1080 (FHD) AH-IPS: LG LP140WF1-SPK1


●プログラマにとってベストバイかも

CPUパワー、メモリ量、価格のバランスで見ると、プログラマにとってベストバイはT440pだと思います。
たしかに、外部モニターとドックに投資は必要となりますが、それでも1台ですべてをこなせるという点での管理コストは極端に下がります。

●「これさえあれば、何もいらない」SurfacePro3と比較

SurfacePro3も買いましたが、ダメですね。
タブレットとしても半端、ノートPCとしても半端。

SurfacePro3(i7/8Gメモリ/512GBSSD)+ドックというかなりの投資をしたものの、使う機会がない。
ドックに至ってはモニター繋ぐことすらしていません。
SurfacePro3については、余裕が無いの一言。排熱が悪いのでCPU回すとすぐに速度低下。
SVN取得だけでファンが全力で回ります。
更に故障したらデータが一切救えないという怖さです。
理由は単純でPro2を買った初日に充電すらされない不具合で即時返品になってしまったからか、
とても信頼できません。
メールやデータなどすべてをクラウド上に持つには巨大すぎて難しい、それを夜間にバックアップさせるにもファンが全力で回ってしまうので壊れそうで怖い。

結論はSurfacePro3の「これさえあれば、タブレットはいらない」ですが、ThinkPad T440pは「これさえあれば、デスクトップPCがいらない」のです。

やっぱりThinkPadの方がすべてを持ち歩け、統合できるという意味では圧倒的です。
Pro3持っていてもスマホは必要なわけですから、T440pの方がコスパがいいです。

●MacBookPro Retina 15でいいじゃん

MBP15r買えばT440pと同じようになります。34.3万円+アダプタ2個。
T440pと9万円以上違いますが、パワーもありますし、言うことなし。
あとWindowsのOS代くらいでしょう。

財布と相談しつつ、MBP15rはありだと思います。

MBP15rから乗り換えてT440pにしたのは、実は256GBSSDがダメだっただけです。
でも、一度ドックを使うとダメですね。
T440pはポートが多いとか指紋認証とか・・・いろいろと便利なところはあります。
ただMBP15rは16GBメモリにして1TBSSDにすればほぼ完璧な機種だと思います。

ちなみにMacBookってチャチャっと何かできる感じが良いんですよね。
MBP15rってそれが若干しにくい。T440pだとチャチャっとできないので諦めがつく。
MBP15rの残念ポイントはチャチャっとできそうなのにできないもどかしさでしょう。
MBP13rを持っていますが、チャチャっとできる感じがいいのでMBP13rもよく使います。

T440pだとチャチャッとするところに諦めがついて、「ガーッと仕事するか」って気分になります。

●「これさえあれば、何もいらない」

MBP13rにクアッドコアとドックがあれば良いってことです。
ないので仕方ないです。

そういうわけで、結局1台で何でもこなすのって難しいのかなと思います。
T440pを限りなくデスクトップPCのように仕事で使い、パパっと作業する気分の時はMBP13rを使う。出張に行くならMBP13rですね。軽うし、気分も変わっていいです。

SurfacePro3は?っていうと、ファンが唸ってばかりなので使う気すらしません。

MacBookAir13ってのがありますが、MBP13rの方が良いと思います。
300gの重量差を解像度とCPUの差が吸収できると思います。

2013年9月8日日曜日

BUFFALOのThunderbolt/USB3.0のHDD換装 HD-PATU3 HD-PA500TU3

USB3.0移行は進んでいるんだけど、おかげでUSBポート足りない状態なので、
たまにThunderboltポートを使いたいって事で買ってきました。
会社のHPのPCとMacbookPro Retina 15なので、両方ついてると助かる。
あとUSB3.0・Thunderboltの両方ケーブルが付いている方が良いとか。

HD-PA500TU3(500GBなのは、単に安いからです。SAMSUNGのHDDにお金かけてもねぇ)



で、買ったその日に分解。
アルミケース側をドライヤーで温めて粘着テープを弱らせてなるべくキレイに剥がす。
プラスチックのヘラがあると外しやすいです。


この後はネジを外して簡単に換装出来ます。

写真撮っていませんが、中身はINTEL335の180GBのSSDを入れました。
まあPortableApp入れなので、あまりスペックは求めていません。

今までUSB2.0のHPポケットメディアドライブ(会社のPCがHPだから)を使っていました。
とはいえ、中はINTELのSSDでしたけども。これの換装は力ずくで手が痛かったです。

さて、ベンチマーク。ボチボチ速いです。
Thunderboltは撮っていません。
NetbeansもThunderbirdも速くなって良いです。
INTEL520ならもっと速度出るじゃん?って言われそうですが、335が手持ちにあった
からです。
このケースはUASP非対応とか、いろいろありますが・・・
両対応ケースがないので、この手しかありませんでした。




2013年6月15日土曜日

iOS7 beta インストール。UDIDなし版(Apple Developer登録なし)

突然さっき、iOS7ってどうなのかなぁって思ってしまったので、実行してみた。
ほぼ誰でも出来て超簡単です。一番長いのはファームのダウンロード時間です。

まずはファームウェアをダウンロードします。
「iOS7 beta download」などググればすぐ見つかるでしょう。
iPhone5の A1428/A1429の違いに気をつけましょうね。

Windowsの場合、dmgがマウント出来ませんのでHFSExplorerなどで展開します。
7zipでも出来ると思います。

PCにiPhone5を繋ぎ、iTunes起動。
シフトを押しながら「更新を確認」ボタンクリック。「iPhoneを復元」をしてはいけません。
ファイル選択してOKでおしまい。
5分くらいでアップデート終わりますので、すぐにiOS7を体験できます。
中のデータもそのままです。

2013/7月下旬までの期間限定ですので、beta2が出るという事でしょう。

今のトコは普通に使えています。
最悪復元で戻せば良いです。

とりあえず、急ぎで使ってみたいという方は良いと思います。

ちなみに、iOS7は動きが重い感じがします。
iPhone4/4sでは苦しいのではないでしょうか。

見慣れない画面ですので、なかなか目が落ち着きませんがすぐに慣れると思います。

ホームからすぐに懐中電灯、電卓、時計が呼び出せるのが素晴らしい!(笑)


※自己責任で実行してください。失敗しても当方は一切の責任は取れません。お約束です。



2013年3月15日金曜日

楽天市場 RMS自動ログインiMacrosスクリプト。Firefox、Chrome対応。

iMacrosを使った楽天RMSの自動ログインスクリプトです。

当然ですが、パスワードをファイルに保存するわけですから取り扱いには注意しましょう。
PCにパスワードはかけていますよね。

iMacrosは
FireFox版
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/imacros-for-firefox/
Chrome版
https://chrome.google.com/webstore/detail/imacros-for-chrome/cplklnmnlbnpmjogncfgfijoopmnlemp

となります。
ちなみにChromeでのiMacrosというか、RMS自体が転送がなかなか完了せずログイン
がうまく行かない事がありますので、注意が必要です。

以下をコピペして、ファイルに保存しましょう。
【R-Login ID】
【R-Login パスワード】
【楽天会員認証ID】
【楽天会員認証パスワード】
の部分を自分の店舗の設定にしたらOKです。
※2週に一度パスワードは変更になりますので、適宜変更しましょう。


※最初の警告をスキップしますので、たまには手動でログインして読みましょう。






VERSION BUILD=7400919 RECORDER=FX
TAB T=1
URL GOTO=https://glogin.rms.rakuten.co.jp/?module=BizAuth&action=BizAuthCustomerAttest&sp_id=1
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:login_id CONTENT=【R-Login ID】
SET !ENCRYPTION NO
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:passwd CONTENT=【R-Login パスワード】
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:submit&&VALUE:楽天会員の認証へ
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:user_id CONTENT【楽天会員認証ID】
SET !ENCRYPTION NO
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:user_passwd CONTENT=【楽天会員認証パスワード】
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:submit&&VALUE:ログイン
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:https://glogin.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=NAME:submit&&VALUE:<SP><SP><SP>次へ<SP><SP><SP>
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/ ATTR=VALUE:上記を遵守していることを確認の上、RMSを利用します